又吉盛清先生(沖縄大学客員教授)同行

満州・シベリアの旅極東編10日間

戦後75年 加害と被害の歴史を訪ねて

ハルピン731部隊罪証陳列館

松花江スンガリー

1,満蒙開拓団

「五族共和」「王道楽土」「20町歩の地主になれる」と夢を描いて終戦間近まで27万人もの日本人が国策として満州へ。8月9日のソ連参戦、15日の敗戦、満州人襲撃やソ連兵の虐殺暴行のなか、各地で集団自決があった8月下旬、戦後75年を迎える2020年の夏に唯一の日本人公募のある方正村を訪問

2,シベリア抑留

日本軍捕虜ら60万人がその後、極寒のシベリアへ抑留され奴隷的強制労働をさせられ、6万人もの犠牲が。収容所は、広くシベリア各地にあり、旅ではシベリア鉄道に乗車して満州から極東の旅を体験。ハバロフスクで第16番収容所本部跡、日本人墓地、シベリア慰霊平和公苑を訪問

3,731部隊と撫順の奇蹟

非人道的な生体実験と虐殺を行った731部隊罪証陳列館見学、責任者石井四郎等が実験資料と引換に戦犯を免れる中、ハバロフスク裁判が行われた当地の士官会館を訪ねます。シベリア抑留からの帰国途中、中国へ再び移送された戦犯たち。彼らの10年以上に渡る収容と苦悩と希望の軌跡を追い、撫順の戦犯管理所を旅の最後に訪問

満州・シベリアの旅 極東編 10日間

日次月日
(曜)
都市現地
時刻
交通
機関
摘要宿泊地食事
18/22
(土)
関空発
瀋陽着
成田発
瀋陽着
13:10
15:10
18:50
21:20
CZ612

NH925
関西、成田からそれぞれ瀋陽へ瀋陽×
×
×
28/23
(日)
瀋陽

ハルピン
終日専用車
高速鉄道
瀋陽駅へ移動
高速鉄道にてハルピンへ
◎731部隊罪証陳列館 ◎安重根記念館 ○中央大街 ○聖ソフィア教会
ハルピン


38/24
(月)
ハルピン終日専用車
方正県へ
中国にとって加害者になる日本人の唯一の慰霊の場
○日本人公墓訪問、参拝
ハルピン


48/25
(火)
ハルピン
黒河
ブラゴベシェンスク

10:15
11:30
14:40
19:24
航空機

空路、黒龍江(アムール川)の国境の町、黒河へ
船で黒龍河を渡り、ロシアのブラゴヴェシェンスクへ
シベリア鉄道にてハバロフスクへ
車中(2等寝台)

58/26
(水)
ハバロフスク終日
専用車
ハバロフスク抑留者関連訪問
○第16番収容所本部跡 ○シベリア慰霊平和公苑 ○日本人墓地
ハバロフスク


68/27
(木)
ハバロフスク終日

20:45
専用車

列車
ハバロフスク市内訪問
○士官会館など
シベリア鉄道にてウスリースクへ
車中(2等寝台)


78/28
(金)
ウスリースク

牡丹江
終日専用車国境(バグラニーチヌィー)へ
中国に入国、その後牡丹江へ
牡丹江市内観光
牡丹江


88/29
(土)
牡丹江
瀋陽
終日専用車
高速鉄道
駅へ移動
ハルピン経由瀋陽へ
◎9.18歴史博物館見学
瀋陽


98/30
(日)
撫順
終日専用車撫順へ
◎平頂山遺骨館 ○撫順戦犯管理所訪問
瀋陽

108/31
(月)
瀋陽発
関西着
瀋陽発
成田着
8:35
12:10
10:20
14:30
CZ611

NH926
瀋陽発、関西、成田それぞれ帰国の途に
×
×
朝=朝食付 昼=昼食付 夕=夕食付 ×=食事代含まず
※現地の様々な事情により、日程・訪問先および訪問順序などが変更となる可能性がございます。
写真はイメージです。

ツアー情報

ツアー名
満州・シベリアの旅極東編10日間
旅行日程
2020年8月22日(土)〜8月31日(月)
定員
20名様(最少催行人数15名様)
料金
363,000円(成田発着基準)
358,000円(関西発着基準) 燃油等諸税別
添乗員
同行致します
申込〆切
2020年6月19日(金)
利用航空会社
中国南方航空(関西)、全日空(成田)
利用ホテル
瀋陽「龍之夢大酒店」、ハルピン「ソフィテル」、ハバロフスク「インツーリスト」、牡丹社「夏威夷国際酒店」
又は同等クラス