シベリア鉄道とバイカル湖8日間

シベリアの大自然、ウラジオストークの芸術

1,世界に誇るマリンスキー劇場

バレエ・オペラで世界的に有名なサンクトペテルブルグのマリンスキー劇場が、ウラジオストークにオープン。毎年夏になると一流メンバーがウラジオストークで芸術祭を行います。プログラムは未定ですが、シベリアで本格的なバレエやオペラを味わえるまたとないチャンス

マリインスキー劇場のバレエ公演

2,地平線の見える大地を走るシベリア鉄道の旅

モスクワからウラジオストークまで特急列車でも1週間かかるシベリア鉄道。東の終着駅であるウラジオストークからシベリアの真ん中のイルクーツクまでの4泊5日を体験。地平線の彼方にいつまでも沈まない夕日に照らされた大地。沿線各地でシベリアに抑留された先人の平和への思いを受け継いでいきます。

シベリア鉄道

3,神秘の湖バイカル湖

水深1634メートルで世界一、広さは琵琶湖の46倍、透明度世界一、世界の淡水の5分の1になる水量、世界自然遺産に登録されているバイカル湖。生態系も豊富な固有種が多く、その代表が淡水に生息する珍しいバイカルアザラシ。バイカル湖クルーズや生きているアザラシを見れるバイカル湖博物館など見学

バイカル湖

シベリア鉄道とバイカル湖8日間

日次月日
(曜)
都市現地
時刻
交通
機関
摘要宿泊地食事
17月26日
(日)
成田空港
ウラジオストーク着
午後
夕刻
航空機
専用車
航空機にてウラジオストークへ(時差+1時間)
到着後、アルチョム日本人慰霊碑経由で市内へ
ウラジオストーク×
27月27日
(月)
ウラジオストーク午前

午後


専用車ウラジオストーク観光
デルスウザーラと親交のあったアルセイニエフ郷土誌博物館で極東の自然について学ぶ
夕刻、マリンスキー劇場極東劇場での夏の祭典参加(予)
車中

37月28日
(火)
ウラジオストーク発
ハバロフスク着
ビロビジャン着
オブルチェ着
0:51

13:50

17:25

20:28
列車シベリア鉄道NO99にて出発、食事は各自払い
ハバロフスク裁判のあった町(70分停車)
ユダヤ自治州州都(7分停車)
時差が日本と同じになります
車中×
×
×
47月29日
(水)
ペトロスキーサポート駅列車シベリア鉄道の旅を続けます
デカブリスト流刑地
時差-1時間
車中×
×
×
57月30日
(木)
チタ着
ウランウデ着
8:48
18:48
列車多くのシベリア抑留者の町(36分停車)
ブリヤートモンゴルの州都(27分停車)
車中×
×
×
67月31日
(金)
イルクーツク3:07

午後
専用車着後、ホテルに移動してゆっくり休みます
市内レストランで昼食
市内観光とボルコンスキーの家博物館訪問
イルクーツク

78月1日
(土)
イルクーツク


イルクーツク発
終日



深夜
専用車



航空機
バイカル湖観光。シャーマンの岩、展望台→バイカルアザラシもいるバイカル湖博物館→バイカル湖名物オムリの昼食と市場、遊覧船→イルクーツクに戻り、夕食後空港へ
深夜便で帰国の途に
機中

88月2日
(日)
成田空港着午後ロシア国内乗り継ぎ
成田着

×
×
朝=朝食付 昼=昼食付 夕=夕食付 ×=食事代含まず
※現地の様々な事情により、日程・訪問先および訪問順序などが変更となる可能性がございます。
写真は全てイメージです

ツアー情報

ツアー名
シベリア鉄道とバイカル湖8日間
旅行日程
2020年7月26日(日)〜8月2日(日)
定員
15名様(最少催行人数10名様)
料金
278,000円(成田空港発着基準)
一人部屋追加料金120,000円(列車個室含)
添乗員
同行致します
申込〆切
2020年5月26日(火)
利用航空会社
シベリア航空またはアエロフロート・ロシア航空
利用ホテル
ウラジオストーク・アジムート、イルクーツク・イルクーツクホテル
又は同等クラス