(このツアーは終了しています)

3・1独立運動100年&光州事件40年

植民地歴史博物館と光州を訪ねる 韓国5日間

1. 平和学の第一人者、安斎育郎先生全日程同行 日韓の専門家による協力

戦争と平和、日本と世界を考える旅

 立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長で、国際的な平和博物館運動のリーダー・安斎先生。高知の平和資料館・草の家の元事務局長で、韓国民族問題研究所対外協力チーム長の金英丸さんによるフィールドワーク。日韓の専門家同行、協力で韓国・朝鮮半島と世界のいま、そして日本を考える旅

 

2. 植民地歴史博物館や安重根記念館、1987「民主化宣言」関連資料館

植民地支配と軍事独裁 加害の事実、過去と向き合う旅

 2018年にオープンした植民地歴史博物館。膨大な資料で日本による植民地支配の実態を展示。1987年の大統領直接選挙を導いた「民主化宣言」への過程で犠牲となった朴鐘哲(パク・ジョンチョル)と李韓烈(イ・ハニョル)、二人の学生の資料館。日本による侵略から続いた負の歴史。過去と誠実に向き合う旅

 

3. 5月18日光州事件の現場を訪ね、ソウルと光州で市民運動家と懇談

負の歴史を克服し、民主化、対話と平和へと歩む韓国を知り連帯する旅

 1980年5月18日、民主化を求める多くの学生、市民が犠牲となった光州事件。39年目の5月18日に光州を訪ね、ゆかりの地訪問と関係者との懇談を予定。ソウルでは植民地時代から民主化へと続くフィールドワークと座談会。安斎先生の講演を含め、対話と平和への流れを進める韓国を知り連帯する旅

 

平和のための博物館国際ネットワークって?

ポーランドのアウシュビッツ強制収容所博物館、ベトナムの戦争証跡博物館、韓国元日本軍「慰安婦」が暮らすナヌムの家資料館…。世界で300を数える平和博物館。これら平和博物館を結ぶかけ橋が「平和のための博物館国際ネットワーク」(INTERNATIONAL NETWORK OF MUSEUMS FOR PEACE: INMP)です。平和に関連した資料の収集、展示、活動を通して平和の文化を促進するとともに、過去の歴史を振り返りながら、現在の問題を考え、未来と平和のために自分が何をしたらよいかを考え話し合う場となっています

 

 

安斎先生同行 韓国5日間

日次月日
(曜)
都市現地
時刻
交通
機関
摘要宿泊地食事
15月16日
(木)
成田空港

仁川空港着
関西空港
仁川空港着
ソウル


9:15

11:45
9:30
11:20
午後


KE706


KE722
専用車



成田空港に午前7時集合。大韓航空で韓国仁川空港へ
関西空港には午前7時30分集合。
仁川空港で集合し、ソウル市内へ

午後:植民地歴史博物館見学
夕食:植民地歴史博物館関係者も交えて夕食交流
ソウル








25月17日
(金)

ソウル





光州




午前



午後

夕刻




専用車



新幹線

専用車



朝食:

午前:ソウル市内及び近郊見学
*安重根博物館など
昼食:
午後:韓国新幹線で光州事件40周年を前にした光州へ
夕刻:光州着
*光州5・18記念財団などとの懇談(予)
夕食:
光州












35月18日
(土)

光州




終日




専用車



朝食:

終日:光州事件関連史跡見学と墓参、交流など
夕食:
光州




×
45月19日
(日)

光州

ソウル










午前

午後



夕刻






専用車
新幹線
専用車









朝食
午前:韓国新幹線で光州からソウルへ
昼食:
午後:植民地歴史博物館によるフィールドワーク
*植民地支配から軍事独裁、民主化運動への歩み
夕刻:安斎先生講演と韓国市民運動の方を交えた座談会
於:植民地歴史博物館
「歴史の歩みと平和のためにできること」(仮題)
夕食:
ソウル















55月20日
(月)

ソウル







金浦空港発
羽田空港着
金浦空港発
関西空港着

午前





午後

16:15
18:30
16:50
18:35
専用車







KE709

KE739
朝食
午前:1987年「民主化宣言」へと結実したゆかりの地
*人権センター・朴鐘哲(パクチョンチョル)記念館
*李韓烈(イハニョル)記念館など
昼食:
午後:昼食後、専用車で金浦空港へ。帰国の途に
大韓航空利用で、羽田、関西空港へ帰国の途に












×






朝=朝食、昼=昼食、夕=夕食、機=機内食、×=自由食 日程は天候その他の事情により変更になりえます

ツアー情報

ツアー名
植民地歴史博物館と光州を訪ねる 韓国5日間
旅行日程
2019年5月16日(木)〜5月20日(月)
定員
35名様(最少催行人数20名様)
料金
161,000円(成田発・羽田着)
156,000円(関西空港発着) *一人部屋追加代金:48,000円 *燃油・空港諸税別途
添乗員
同行致します
申込〆切
2019年4月10日(水)
利用航空会社
大韓航空
利用ホテル
センターマークホテル(ソウル)、光州プラザホテル(光州)または各同等クラス