小森陽一さん・金平茂紀さん同行

ヨーロッパから見える日本と世界 -過去・現在・未来 ウィーン・チェコ8日間

プラハの春50年&ベルリンの壁崩壊29年

同行

②小森陽一さん金平様写真小森陽一さん&金平茂紀さん

ゲスト

辛淑玉さん辛淑玉さん

1、小森陽一さん(九条の会事務局長)&金平茂紀さん(TBS『報道特集』メインキャスター)同行。世界と日本を縦断に語り考える旅

1968年、チェコの民主化運動「プラハの春」とソ連を中心とした軍隊による侵略と弾圧。その前夜にプラハで少年期を過ごした小森さん。TBSモスクワ支局長、アメリカ総局長、報道局長などを歴任し、1991年ソ連崩壊時にはモスクワ支局長としてゴルバチョフらへの単独インタビューをした金平さん。特別ゲストにはヘイトスピーチとたたかい続け、現在はドイツ在住、在日三世の辛淑玉さん。「社会主義とは何だったのか」、ヨーロッパと世界はいまどこに向かっているのか、世界から見た日本のいまとこれから。縦横に語り、考えます。

 

2、ウィーンでは加藤周一ナイト、プラハでは米原万里。二人の作品を取り上げたトークも存分に

「圧倒的で無力な戦車と、無力で圧倒的な言葉」1968年のソ連軍らによる暴力的な抑圧を批判した加藤周一の『言葉と戦車』。1960年代のプラハソビエト学校での出会いとソ連・東欧崩壊時の社会を綴り、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』。二つの作品が語るもの、現代に生きる者へのメッセージとは。

 

3、ウィーン・プラハ・チェスキークルムロフ。ベストシーズンに連泊でゆったり滞在。街歩きの魅力もたっぷり。

650年もの間、ハプスブルグ帝国の首都だったウィーン。世界遺産の王宮や庭園、豪華絢爛な建築物の並ぶ歴史地区。音楽と芸術の都を堪能。「世界で最も美しい町のひとつ」と言われるチェスクークルムロフとプラハ。街全体が世界遺産に登録。歴史に翻弄されながらも、中世の街並みを修復、保存。プラハでは3連泊、思い思いの街歩きも。

チェスキークルムロフ城①

 

ウィーン・チェコ8日間 日程表

日次月日
(曜)
都市現地
時刻
交通
機関
摘要宿泊地食事
19月19日
(水)
成田発
ウィーン着
ウィーン
13:35
18:35
OS052

専用車
成田空港発
オーストリア航空直行便でウィーン着
着後ホテルへ
ウィーン

×
29月20日
(木)
ウィーン

ハイリゲンシュタット

ウィーン
午前

午後
夕刻



専用車ウィーン市内見学
シェーンブルン宮殿、ホーフブルク宮殿
午後:シュテファン寺院と歴史地区散策
夕刻:カーレンベルグの丘、ベートーベンの小径を通りハイリゲンシュタットのホイリゲへ
小森さん&金平さん対談
ウィーン

39月21日
(金)
ウィーン
チェスキークルムロフ

ブディヨビツェ
午前
午後



専用車チェスキークルムロフへ移動
午後:チェスキークルムロフ観光、世界遺産の街並み
夕刻チェスキーブディヨビツェへ
着後小森さん&金平さん対談
チェスキー

49月22日
(土)
ブディヨビツェ
プラハ
午前
午後



専用車プラハへ移動
着後市内観光
プラハ城、カレル橋、旧市街など
夕刻:小森さん&金平さん&辛淑玉さん鼎談
プラハ

59月23日
(日)
プラハ
テレジン
プラハ
午前
午後



専用車テレジン収容所
午後プラハ市内
「プラハの春」「ビロード革命」ゆかりの地
夕刻:小森さん&金平さん対談
プラハ

×
69月24日
(月)
プラハ
終日各自
終日自由行動
夕刻お別れ夕食会


プラハ
×
79月25日
(火)
プラハ
プラハ発
ウィーン着
ウィーン発
午前
15:20
16:15
17:45
各自
OS708

OS051
出発まで自由行動
オーストリア航空で帰国の途に
ウィーン経由
機内
×

89月26日
(水)
成田着11:55成田着

ツアー情報

ツアー名
ヨーロッパから見える日本と世界 -過去・現在・未来 ウィーン・チェコ8日間
旅行日程
2018年9月19日(水)〜9月26日(水)
定員
35名様(最少催行人数20名様)
料金
458,000円(成田空港発着基準)
燃油諸税、一人部屋代金別途
添乗員
同行致します
申込〆切
2018年8月10日(金)
利用航空会社
オーストリア航空
利用ホテル
Rainers Hotel(ウィーン)、Clarion Congress Hotel(チェスキー)、Sheraton Prague Charies Square Hotel(プラハ)
又は同等クラス