”異常が日常”

内田樹さん&石川康宏さん同行 知事選連帯・沖縄平和の旅3日間

憲法の目で見て考える沖縄の基地とくらし&命の安全

 

1、日本ジャーナリスト会議沖縄支部との共催で基地問題を考えるフォーラム開催(9月4日)

安倍改憲ノー3千万署名発起人の内田樹さん、全国革新懇代表世話人の石川康宏さん&琉球新報、沖縄タイムス、琉球朝日放送など沖縄で活躍する第一線のジャーナリストによる講演と公開座談会を予定。憲法の目で見た沖縄の現状、知事選挙を控えた中での辺野古新基地問題の今後など多彩に縦断に語る

2、「異常が日常」沖縄の現実を浮き彫りにし実感する旅

辺野古では海岸から新基地建設の強行を見学、普天間、嘉手納では暮らしの目線で基地被害を実感する現場に案内。3日夕刻はシンポ『沖縄からの証言』開催。現場訪問と証言で「異常が日常」というべき沖縄の現実を実感

3、3日目午前中「内田先生&石川先生 世界と日本を語り、質問に答える」を開催

今年は明治維新150年、マルクス生誕200年の節目。世界も日本も激動の渦中。数多くの執筆をされているお二人の先生に世界と日本のいまとこれからを縦横に語っていただき、みなさんからの質問にもお答えいただく機会。世界と日本がわかる旅

石川康宏さんP23 01_spx400

 

 

内田樹さん&石川康宏さん同行 知事選連帯・沖縄平和の旅3日間

日次月日
(曜)
都市現地
時刻
交通
機関
摘要宿泊地食事
19月3日
(月)
各空港
那覇空港

名護



恩納村
読谷村


午前
11時頃
午後







航空機
専用車









羽田、伊丹、中部から出発
那覇着後、合流
昼食は地元名物のお弁当
午後:辺野古新基地建設現場の視察と交流
*海岸テント、キャンプシュワブゲート前
*辺野古の海上から視察
恩納村の遺体遺棄現場で献花
読谷村のホテル会場でシンポジウム「沖縄からの証言」
夕食
読谷村×



29月4日
(火)
読谷村

嘉手納町

宜野湾市



那覇市
午前



午後




専用車








徒歩
午前:読谷村の沖縄戦跡後と嘉手納基地などの基地被害の現状
*チビチリガマ
午後:普天間基地
*嘉数高台、隣接する小学校、保育園、児童公園など
夕刻ホテル着
夜:JCJ沖縄支部共催フォーラム開催
「異常が日常」憲法の目で見る沖縄の基地とくらし&命と安全
那覇市

×
39月5日
(水)
那覇市



那覇空港
各空港
午前

午後



徒歩

各自

航空機
午前:座談会「内田先生&石川先生 世界と日本を縦横に語る」
午後:自由行動
夕刻:各自空港に集合、那覇出発
各空港着

×
×
朝=朝食付 昼=昼食付 夕=夕食付 ×=食事代含まず
※現地の様々な事情により、日程・訪問先および訪問順序などが変更となる可能性がございます。
写真は全てイメージです

ツアー情報

ツアー名
内田樹さん&石川康宏さん同行 知事選連帯・沖縄平和の旅3日間
旅行日程
2018年9月3日(月)〜9月5日(水)
定員
80名様(最少催行人数30名様)
料金
89,000円(羽田・伊丹・中部発着基準)
添乗員
同行致します
申込〆切
2018年8月3日(金)
利用航空会社
日本航空、日本トランスオーシャン
利用ホテル
モリマーリゾートホテル(読谷)、ナハナホテル&スパ(那覇)
又は同等クラス