早川千晶さんが案内するケニアスタディツアー11日間

ドゥルマ民族文化体験ホームスティサファリ

001(18)

音楽・文化交流をじっくり

自然豊かな場所で生活をしていたミリティーニ村の人々。ケニア第二の都市モンバサの都市開発により、故郷が奪われ、畑が奪われ、景色が変わり、今までと同じ生活が出来なくなってきています。そこで希望を見出したのがミリティーニ村から180キロ離れたダガムラへの移住計画です。

海岸地方に暮らす民族の聖地、ダガムラの方々に協力を得て実現するこの企画。ンゴマ(伝統的な打楽器)で歓迎、アフリカ特有のリズム、太鼓と踊りで皆さんをお迎えしてくれます。音楽好きにはたまりません!またこの村への1泊ホームスティで普段経験出来ない思い出作りを。

収穫祭、葬儀や慰霊祭、病の治療や祈りの儀礼で必要不可欠な音楽と踊り。 ンゴマと生きるドゥルマ民族を知る良い機会になることでしょう。

30120499_10156120890938956_39780070_n

サファリの時間もたっぷりと、ロッジ宿泊で贅沢に

キリマンジャロの麓にあるアンボセリ国立公園。キリマンジャロの雪解け水が豊かな湿原を作っていて、そこに大型の象の群れ、カバ、バッファローなど多数の野生動物を見ることができます。ライオンにも出会えるかも。希望者は、キリマンジャロが背景に見えるマサイの集落を訪問してマサイの伝統文化について学ぶことが出来ます!

001-3

※写真はすべてイメージです。

 

早川千晶さんが案内するケニアスタディツアー11日間

日次月日
(曜)
都市現地
時刻
交通
機関
摘要宿泊地食事
17月15日
(日)
成田
夕刻EYかEKかQR成田空港から中東経由でケニアのナイロビへ機中×
×
27月16日
(月)
中東一都市着
中東一都市発
ナイロビ着
マキンドゥ


午後
EYかEKかQR


専用車
中東一都市にて乗り継ぎ

ナイロビ着後、千晶さんと合流
専用車でマキンドゥへ移動
マキンドゥ
×
×
37月17日
(火)
マキンドゥ
ワタム
終日専用車ワタムへ移動(約7時間)
希望者は呪術師カシュートさんに会いに
ワタム
×

47月18日
(水)
ワタム
サラサメリ村
ワタム
終日
専用車
サラサメリ村へ移動
ドゥルマ文化体験(歌、踊り、太鼓)
午後はマリンディ観光
ワタム
×

57月19日
(木)
ワタム
ダガムラ

午後
専用車
徒歩
ダガムラへ移動
着後、歓迎ンゴマ
ダガムラ小学校訪問とカヤ(聖地)へ
夜のンゴマ・ザ・ペポ(精霊おろしのンゴマ)
ダガムラホームスティ


67月20日
(金)
ダガムラ
マリンディ
サガラ
終日専用車ダガムラからマリンディ
マリンディからサガラへ移動
サガラ×
×

77月21日
(土)
サガラ
アンボセリ
午前
夕刻
専用車アンボセリ国立公園へ向けて出発(約6時間)
着後ゲームドライブ
アンボセリ

87月22日
(日)
アンボセリ終日
専用車アンボセリ国立公園早朝サファリ
希望者はマサイ村訪問(別料金)
引き続きゲームドライブ
アンボセリ


97月23日
(月)
アンボセリ
ナイロビ
終日専用車アンボセリからナイロビへ移動ナイロビ
×
×
107月24日
(火)
ナイロビ発
中東一都市発着

EYかEKかQR
朝食後、空港へ
早川さんとお別れし、ナイロビから中東経由で帰国の途に
機中
×
117月25日
(水)
成田着
午後
EYかEKかQR成田空港着
×
朝=朝食付 昼=昼食付 夕=夕食付 ×=食事代含まず
※現地の様々な事情により、日程・訪問先および訪問順序などが変更となる可能性がございます。
旅行代金に含まれていないもの日程表に記載のない食事代、全行程のお飲み物代、ドライバーチップ、燃油サーチャージ等諸税、お一人部屋利用代金、ケニアビザ取得代、黄熱病予防接種、ご自宅から空港までの交通費など
マラリアの薬は現地で調達可能です

※ドゥルマのダガムラプログラム代として現地で150ドルお支払いいただきます。

 

ツアー情報

ツアー名
早川千晶さんが案内するケニアスタディツアー11日間
旅行日程
2018年7月15日(日)〜7月25日(水)
定員
12名様(最少催行人数5名様)
料金
438,000円(成田空港発着基準)
燃油等諸税別途
添乗員
同行致しません
申込〆切
2018年6月15日(金)
利用航空会社
エディハド航空またはカタール航空またはエミレーツ航空
利用ホテル
サバンナパラダイスホテル(マキンドゥ)、オーシャンスポーツリゾート(ワタム)、ダガムラホームスティ(ダガムラ)、サガラロッジ(サガラ)、オルトカイロッジ(アンボセリ)、パナフリックホテル(ナイロビ)または同等クラス