テーマ(目的)別モデルプラン

平和と交流歴史・世界遺産自然仲間で行く旅スタディツアー専門家と行く旅

たびせん・つなぐがおすすめするモデルプランをご紹介します。
ただの観光とはひと味違う、平和や人とのつながりを広げる旅を提案いたします。

平和と交流の旅

基地問題で揺れる沖縄、戦争責任をめぐる中国と韓国、戦争責任に向き合うドイツなど、実際に現地へでかけ、地元の方々と交流、肌で感じる平和理解をテーマにした旅に力を入れています。

また充実した福祉や高齢者政策を進める北欧の国々、キューバやベトナム、中国など社会主義をめざす国々。アメリカの裏庭とまで呼ばれた中南米で生まれている激動。福祉、医療、教育など幸福の原点を考える旅をご提案します。

世界遺産・歴史の旅

たびせんで行く世界遺産の旅は日本から専門家が同行、また現地で専門ガイドが案内。ただの観光とは一味違います。現地の方々と交流し、ゆったり連泊が基本です。

自然や動物、ふれあいの旅

「ヤギのいのちをもらっているんだね」。
「親子孫で行くケニアの旅」に参加した小学校3年生のMくんが、マサイの村でヤギを殺し、解体、バーベキューにしてくれた肉を食べているときにもらした感想です。アフリカの大平原とそこに暮らす人々とのふれあいの旅には、テレビもゲームもありません。ツアーや泊まる場所によっては、便利で衛生的な水洗トイレもなく、少し気恥ずかしい思いをしながらまわりの草むらに出かけていく。日本ではあり得ない非日常です。だけどそこには、確かに日本にはない「豊かさ」、薄れ失われゆく大事なものがしっかりと息づいています。家族や仲間、年長者を大事にし、協力して、力を寄せ合い生きている人々。満天の星空、悠久の大地と太古の昔から続く数多くの動物の営み。地球の美しさ、素晴らしさ、生命の尊さを実感する旅に出かけてみませんか。

ゆったり滞在、仲間で行く旅

観光地を忙しく飛び回る旅に疲れた方、仲間同士でゆったりと旅行したい方、訪問地で現地の人の暮らしに寄り添ってみたい方。たびせんは、連泊を基本に、ゆったり滞在型の旅を提案いたします。添乗員付きで安心の旅、現地で日本人(日本語)ガイドが同行し、小グループでも実施できる旅。ぜひご相談下さい。

本当に学びたい方、考えたい方のためのひと味違うスタディツアー

現地で活躍するNGO関係者や現地の方々に深く信頼されている案内人と全面的にタイアップ。だからこそ現地の人々の生活や直面している問題に深く、踏み込んで見たり、体験したり、交流したりすることが可能です。これからの人生を真剣に考え、自分と日本、世界の関わりを考えたい人のためのスタディツアーです。

専門家と行く旅

たびせんでは、旅のテーマを熟知する専門家が同行する旅を実施しています。名所や遺跡、そしてゆかりの地で、同行の先生方がわかりやすく解説、疑問や質問にもお答えいただけます。せっかく旅をするなら一味違ったを。旅の満足感が違います。